勝利至上主義について

先日、公益財団法人全日本柔道連盟が
全国小学生学年別柔道大会の廃止を
決定されました。
行き過ぎた「勝利至上主義」が
散見されていることや
嘉納先生のお言葉を鑑み
決定されたとのことです。

また、「スポーツ少年団」も全国大会の
中止について議論を進めるとのことです。
「勝利至上主義を否定する」
としています。

これは教える側の問題です。

私自身、40年前を振り返ると
小学生の時に教わった空手は、
賞を取るための稽古を
教えていただいたことははなく、
徹底して基本稽古でした。

それでも結果として、
大会に出て賞を取ることは
ありましたが、
先生から言われたのは
賞を取ることが目的ではなく、
自分の実力を確認するだけとの
ことでした。

当道場は大会への出場は
行っておりません。
「勝利至上主義」となると、
上手な子を重視しての稽古や、
大会で勝つための稽古を
子供に押し付ける
ことになるでしょう。

また、入賞できなかった
お子さんが嫌な思いをして、
空手を辞めてしまう可能性も
あるでしょう。
それこそ、武道の本質から
外れてしまいます。

今後も、小学生のために
「勝利至上主義」に一石を投じる
団体が出てくれることを
願わざるえません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA