International Karate-Do Organization Higashi-Omiya Dojo

★★  8月・9月は大宮武道館での稽古となります ★★ 詳細はブログに記載しております

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 本ページを見られた方は、「空手」もしくは「武道」に興味がある方だと思います。体を鍛えたい、護身、再度やってみたい等、色々な思いでホームページで探されたと思います。
本会となる、「IKO国際空手道会」は、剛柔流空手道の山口剛玄先生のもとで修業し、海外普及もされた山本権之兵衛館長のもと、東京・神田に本部道場があり、この度、埼玉県さいたま市見沼区東大宮に、道場が設けられました。

当会の理念等】
 当会の空手は、伝統空手です。当会は、空手(武道)には引退がないこと、年齢や性別、体格で能力は違うが、お互いを認め稽古を行い、体を鍛えることになります。その上で、体と心、そして技を鍛え、成長していきます。年齢は関係ありません。
武道や空手は、怖いイメージがあります。また、費用も掛かると思われます。そのため、入会に一歩踏み出せないこともあります。ぜひ、一度来ていただきればと思います。
練習は、「基本稽古(受け・突き・蹴り)」「移動稽古」「型」「組手」を主に、「柔軟」「鍛錬」も行います。また、正座、立ち方、礼儀の仕方など所作もふまえた、稽古です。
技等を、上手に見せることを目的としてません。体形、体格によって自然とその方の空手が出来てきます。人により、突き、型、組手等の仕方が違います。しかし、基本的な動作は必要です。必要な部分はしっかり覚え、後々は自身で理解し、自分の体と会話をし、自分の空手を作って下さい。
年齢や体調の状態なども考慮した練習を行いますが、「武道」のため、厳しい面もあります。しかし、いつかその先が見えると思います。

 なお、スポーツ大会等への試合出場については、東大宮道場では理念もあり、現在行っておりません。なぜなら、大会で入賞した生徒が偉いと思われることに対し、当道場は「自身を鍛えることを目的」としているためです。これは、本部道場でも変わりません。強い弱いの結果より、空手道を通して心身を鍛えることを目的としてます。

 ■本部道場 神田錬成館本部

【東大宮道場指導員】
IKO国際空手道会 神田錬成館本部 五段錬士 岸 

小学校三年生より高校まで、地元の空手道場にて、沖縄古武術空手の稽古を積む。その際、厳しい指導員のもと、四股・騎馬・前屈立ち、移動運足、握りなど、基本から応用まで徹底的に修行を積む。
社会人になり、仕事の傍ら東京のIKO国際空手道会本部道場にて、剛柔の接近戦組手とサバキ等、剛柔流空手の厳しい修行を積み、山本権之兵衛館長より師範の免状を頂く。

滝行を行う指導員

稽古の場所

稽古の場所のイメージ

東大宮駅から徒歩8分の自治会館で稽古をしています。公共の施設ですが、板間のため昔ながらの稽古ができます。

稽古の内容

稽古の内容のイメージ

キックミットを使用するなどの練習も行います。実際に「こぶし」や「足」を当てることで感覚、バランスを養います。

風景

風景のイメージ

現在は小学生や大人の方も稽古をし、それぞれ自身を磨いております。

アクセス

練習場所
埼玉県さいたま市見沼区東大宮4丁目40−3
東大宮四丁目自治会館
練習時間
土:16:00 – 17:30 (形・組手稽古)
日:16:00 – 18:00  (通常稽古)
※土曜日は変則です(隔週程度)
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.